【今夜やったゲーム】一人UNO【ぼっち】

すのえ

すのえです。暇すぎて今夜極めたゲームを皆さんにお伝えしたいと思います。

その名も一人UNO。 ハハハ。

さびしい。

準備・規則

まあ何事もルールが統一されないことには始まりませんからね。

人と人の間でルールに違いがあったら、プレイしている最中に「それありなの?」ってなって

つまらなくなってしまいますから。ハハハ。 このゲームじゃ起こり得ないんですけど。

用意

UNOのカードのセットを用意しましょう。

ルールは標準の物とほぼ同じですが、

地方によってUNOの特殊ルールなどが変わるようなので

1人UNOに最適なルールも決めておきましょう。

ルール

最初に持っているカードは7枚で、配り終わったら山札の一番上を最初の場札にしましょう。

また、面白いUNOにするために、出した数字カードが大きいほどテンションを上げてください。

あと、数字カードの特殊効果、有名なものでは7を出したら手札交換とかありますが、ナシです。

誰と交換するんですか?なめてるんですか?特殊効果はありません。混乱するので。

色を変えるワイルドカードは通常通り使用できます。

リバースカードが出たら、順番が逆になりあなたの番です。うれしいですね。邪魔を受けません。

スキップカードが出たら、30秒間なぜ自分がこのゲームをやっているか考えなおしてください。

もしカードを追加で引くドロー2カードが場に出たら、枚数分カードを引きましょう。

あぁーっと!+2かよ!二枚引かなきゃいけねぇのか~wクソ~w…はぁ。って感じで。

クリア

手札のカードがすべてなくなったらクリアです。この時に場に出ているカードの総数が

少なければ少ないほどいい結果となります。最高記録は最初のカード+初期手札の「8」ですね。

極めすぎて最高記録を何回も出せるようになってしまったら、

初期手札を12とかから始めたりするのもありですね。皆さんも頑張って極めましょう。

実際にプレイしてみよう

さて、ルールの解説も終わったので実際にプレイしてみましょう。

シャッフルした山札から七枚カードを引きます。

赤の34スキップ青の8黄色の03ワイルドドロー4が出ました。

初期カードは、緑の6ですね…

残念ながら今手元に出せるカードがワイルドドロー4しかないので引きましょう。今ではない。

ルールによってこのステイは、他人に「チャレンジ」されることでペナルティがかかりますが、

そんな邪魔は入りません。スムーズなゲーム進行、快適なプレイ。楽しい。

そして一枚引いても次の人が自分なので、出せるカードが来るまで引けます。とても楽しい。

黄色の2青の7緑の2、出せますね。緑の2を出し、その上にさっき引いた黄色の2を出します。

今のところ手札は 赤の34スキップ青の78黄色の03ワイルドドロー4なので

赤を出すことを視野に入れて黄色の03の順で出します。

そしたら黄色の0、に赤の3を重ね、その上に赤の4を出し、そして赤のスキップ

なんで自分こんなゲームしてるんだろう。。。30秒考えを巡らせましょう。鬱になりますね。

さて、所持カードが青の78ワイルドドロー4になりました。

終わりも目前、と言いたいところですがワイルドドロー4が残っています。

今使いましょう。色は青に変更しておきます。

さて、4枚引かなければ…赤の7リバース青の5緑の3。いいですね。連続で出せます。

青の5青の8青の7赤の7を連続で出し、残りは赤のリバース緑の3

赤のリバースをだし、自分のターンになりました。ハハハ。

出せるカードがなくなってしまいました。色変えカードが来ることを願いましょう。

赤の3です!!!日頃の善い行いが実を結びました!!!!!

緑の3を出してフィニッシュ!最後をすっきり出せると気持ちいいですね~

…あっ!!!!なんてことだ!!!UNOというのを忘れてしまいました!!!!!!

思わず無言になりがちなこの一人UNO。でも最後にUNOと言わないと、ペナルティがあります。

…仕方ない、山札から二枚引きましょう。黄色の4赤の7

場札は緑の3なので出せません。山札からカードを引きましょう。チクショ~~!!!!

しばらく後、ゲームが終わりました。随分熱くなってしまいましたね。

さて、スコア清算タイムです。出したカードを整頓し、場札のカードの枚数を数えましょう。

5、10、15、20、25、30、31、32、、カウントしながら自分がしていたことを振り返りましょう。

まさにこの時間は賢者タイムです。カードを数えるたびに、心に負荷がかかります。

結果、34枚でした。最少手数が8なことを考えると、随分遅いですね。

先駆者の存在

さて、どんなものにも先駆者という方はいるものです。

Googleで「一人UNO」と検索してみました。

7年も前にやっている人がいるとは…
しかしこの2件くらいしか見つかりませんでした。

なんということだ、初めての試みかと思っていたこの行動にも、先駆者、いや、仲間がいました!

そうです、我々にはネットの仲間がいるのです!暗くなることはありません!!!

皆さんも暇になったら、一人UNO。やってみましょう。楽しい。ハハハ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました